高いハンドルのバイク

愛着のあるバイクを諸事情で手放さなければならなくなった時、愛車をどうしますか。
乗らなくなった愛車を手元に置いておきたい気持ちは良くわかります。
しかし、そのままにしておくと維持費がかかってしまいます。
市役所に登録しているだけで、毎年自動車税を支払わなければなりません。
また自賠責保険も払わなければならないので、置いておくだけで経済的に負担がかかってしまいます。
しかし、キズ・へこみがあったりエンジンが動かなくなってしまった理由で廃車を選択する人もいます。
ところが廃車も、実は大きな経費がかかってしまいますが、相場は決まってるのである程度情報を集めておいたほうが良いと言えます。
自分で市役所に出向いて、廃車手続きと廃車手数料が必要になります。
また、自分で解体業者に連絡して解体手続きと解体手数料が必要になりますので経費以上に手間までかかってしまいます。
そこで、最近注目を浴びているのが買取の選択方法です。
買取業者は、近年確実に増えていてサービスも向上しているので利用者も多くなっています。

買取と下取り

一昔では、新しいバイクを購入するために、愛車を販売店に下取してもらい、下取価格を利用して販売店で愛車を安く購入していました。
しかし、この方法は販売店で購入する事が条件になっているので、売却目的の場合には、下取価格は安くなってしまう可能性があります。
しかし、買取なら現在の相場がリアルタイムに反映されやすいシステムなので、適正価格で売却出来ます。
ところが、時間がない理由で専門業者を絞ってしまうと、比較対象がないので相場より安く見積もられる可能性があります。
そこで時間がない現代人のために、最近ではインターネットで利用出来る一括見積サービスのサイトが増えてきました。
このサービスは、24時間365日依頼する事が出来るので、時間を気にする事なく利用する事が出来て大変便利です。
利用方法も簡単で、必要事項を専用メールに送るだけで数社の大手業者から見積額が届くので、相場に応じた適正価格を比較する事が出来て安心です。
キズ・へこみや動かなくなってしまったバイクも最近では、買取ってくれる業者が増えているので、諦めず一括見積サービスを利用してみて下さい。

オススメリンク

驚きの査定

一括見積サービス

最近では、仕事が遅くまであったり、育児や子育てに追われたりして自分の時間が取れない方が増えています。そのため、 […]Read more
オレンジ色のバイク

解体の前に

動かなくなったバイクを放置していると、市役所の方から自動車税の請求が来てしまいました。乗っていないので払う必要 […]Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
BACK TO TOP